消費者金融と金利の関係について

消費者金融は、個人向けの小口貸し付けを行っている貸金業者のことを指す言葉です。消費者金融は銀行などとは異なり利用のしやすさから今も多くの人が利用しています。
消費者金融や銀行のローンにしても、お金を借りるさいには返済能力に関して審査を受ける必要があり、またお金を借りる以上はその手数料として金利を支払う必要があります。金利は年率で表され、低ければ低いほど金利を支払わずに済むため、負担が軽くなりますが、一方で金利が低いほど返済能力に関して審査が厳しくなります。しかし、無制限に金利が設定されるわけではなく、法律に則った利率が設定されます。
金利の利率は、日本では出資法と利息制限法の2つの法律で定められており、出資法においては年利20%を超える金利を設定することは刑事罰の対象となります。そのため、お金を融資している正規の業者の場合であれば、この年利を超えて利息をとることはありません。一方で、利息制限法はやや複雑で、10万円以下では年利20%、10万円以上100万円以下では年利18%、100万円以上では年利15%と上限が定められており、その条件を超えた貸し付けを行った場合には行政罰の対象になります。また法律で定められた以上の利息をとった場合には返還請求の対象となります。
一般に消費者金融の多くは、この上限一杯に設定するのが当たり前でしたが、大手消費者金融の多くは、過払い金請求を避けるために法律に対して、わずかに低い利率での貸し付けを行っています。