消費者金融・住宅ローンのこと

消費者金融から借り入れをしている人が住宅ローンを組むケースは珍しいことではありませんが、その際には銀行を良く選ぶようにしましょう。というのも、銀行の中には有利になるものがあるからです。消費者金融からお金を借りている人の場合、銀行からの評価は悪くなると考える人もいるでしょうが、実はこれはケースバイケースで、有利になることもあります。どうせなら有利な条件で借りるべきでしょうから、有利になる銀行を選ぶのが良いです。

 

その方法についてですが、金利の引き下げを利用できるケースがあります。その代わりに、消費者金融からの借り入れを銀行のカードローンに借り換えることが必要になるケースが多いです。これができるのであれば住宅ローンの金利を引き下げてくれる場合があります。大手の銀行がこのようなサービスを始めたのですが、そのためにいろいろな銀行が同じようなサービスを始めていますから、地方銀行でも同じようなサービスを利用できるケースもあります。

 

注意しておかなければならないのは、住宅ローンには審査があることです。消費者金融からの借り入れがあまりにも大きくて月々の返済金額が大きすぎると審査に通らなくなることがあります。また、消費者金融で過去に滞納をしたことがある人などの場合には、やはり審査に通らなくなることもありますから注意が必要です。多くの人は消費者金融から借り入れをすればきちんと返済しているでしょうから、このような人にとっては住宅ローンが有利になる銀行を選ぶメリットは大きいです。